HOME  » 不用品・粗大ゴミ回収業者の選ぶポイント

不用品・粗大ゴミ回収業者の選ぶポイント

粗大ごみ回収業者ってホームページを見てても、どこに決めていいか悩みますよね。このページでは正しい業者選びのポイントをご紹介します

【1】まずは、ホームページでチェック!

よくご自宅や会社のポストに不用品・粗大ゴミ回収業者のチラシが投函されていることがあります。「無料引取り」や「買取り」などの甘い言葉に釣られず、必ずホームページで会社(業者)の確認をしましょう。ちゃんとした業者であれば、必ずホームページがあります。もし、ホームページアドレスもなければ、個人の怪しい会社かも知れません。

【2】即日対応・日時指定ができる

不用品・ゴミ屋敷の処分は、休みの日や深夜など、自分の都合に合わせて回収して欲しいですよね。
また引っ越し前後や、家具買い替え直後などは、なるべく早くに処分したいと思います。即日対応してもらえるかどうかを検討に入れましょう。

【3】見積りは、事前に総額をチェックする

よくあるトラブルとして、請求金額のトラブルがあります。業者の中には、最初に見積りを取ったにも関わらず、回収作業後に後から追加で請求する悪徳業者も多く存在します。予め回収にかかる総額を確認した上で、回収のお願いをしましょう。

【4】実績・経験の豊富な回収スタッフがいる

各回収業者の実績やスタッフの態度などを事前に確認しましょう。実績や経験により回収にかかる料金も変わり、徹底した役割分担より作業時間や人件費が抑えられ、効率的な回収が可能です。不用品の種類や処分に必要な費用の知識、困難な環境での回収経験などがチェックしたいポイントになります。

【5】電話オペレーターの応対にも注意!

しっかりと教育が徹底されている業者では、必ず電話対応のオペレーターが存在ました。態度が悪かったり、質問の回答があいまいだったりした場合、個人で経営している怪しい会社の可能性が大きいです。
オペレーターの対応も回収業者を見極めるポイントの1つです。

【6】環境の為にも適正業者に依頼する

回収業者によっては人気のない山奥にゴミを投棄する等、違法行為を犯す業者が存在します。ゴミや産業廃棄物の廃棄・処分には行政から認定された適正業者かどうかを見定めて下さい。
適正業者は必ずホームページの会社概要などにも自治体の許可番号を表記しています。免許があるか事前に確認しましょう。

【7】守秘義務・個人情報保護が徹底している

不用品回収時に気をつけたいポイントとして、情報漏えいは無視出来ません。
回収時には、ご自宅や会社の中にスタッフが入ることがほとんどです。
情報漏えい・個人情報の対策がしっかりしているかの指標として、Pマークを取得しているかを検討のポイントに入れる事も重要です。

Pマーク
Pマークとは?
不用品回収時に気をつけたいポイントとして、情報漏えいは無視出来ません。情報漏えい・個人情報の対策がしっかりしているかの指標として、Pマークを取得しているかを検討のポイントに入れる事も重要です。


【8】産業廃棄物管理票マニフェストを発行してくれる

マニフェストとは、事業者が収集運搬業者または、処分・処理業者などに産業廃棄物の処理を委託する際に交付する伝票のことを言います。
マニフェストは、「廃棄物処理法」という法律で交付が義務付けられており、処理を委託した際に交付しなかった場合は廃棄物処理法違反で罰せられます。その為、処理を委託する際には、交付が必須となります。

【9】片付け後のクリーニング・清掃も可能

大量ゴミ・家財の撤去について注意したいのは、ただ品物を処分(回収)するだけの業者だった場合、残留物によって付着していた頑固な汚れ等に見舞われるケースがあります。
出来れば片付け後の清掃(ハウスクリーニング)を別サービスとして提供している業者をお勧めします。


クチコミから
不用品回収業者を探す

その他のクチコミを見る

対応サービスから
不用品回収業者を探す

※希望のサービスをクリックしてください。

■一般サービス


■企業向けサービス